seoとは

YahooやGoogleの検索エンジンで10位以内の順位上位に表示されるにはseo〈Search Engine Optimizationの略:検索エンジン最適化)が必要です。特に簡単なキーワードで検索するとなかなか自社のサイトが出てこないと感じている企業にとってはseo対策をすることが重要ではないでしょうか。

seoは必須となってきているといっても過言ではありません。

しかしながら、競争も激しくなり、より厳しい順位争いになってきております。言い換えるとseoをしたからといって順位が保証されるわけではなく、やってみなければ分からない状況になりつつあります。

ホームページを運営している人の中にはseo対策を行っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実際に行ってみると、検索結果の順位はかなり頻繁に変化し、上がったり下がったりする事もあります。

ちょっとした順位の変化にも振り回されてしまっている人もいる様です。

検索結果とは常日頃から変化するものです。seo対策を行っていても小さい変化であればそれほど気にする事はない場合もあるみたいです。

しかし、ランキングに表示されなくなってしまったり、大幅に順位が落ちてしまう様な事があれば、スパムとして認定されてしまっている可能性などが考えられますので、その場合は対策を急いだ方がいい場合もあります。

seoはもう古い

seoがホームページに必須と言われてもう10年以上。一部ではseoはもう古いと言われていますが、今でもネット検索は多く、ネット戦略上不可欠です。「seoはもう古い」といっている方の多くは以前のように対策をすればほぼ上位表示できる時代が終わったからそういう意味でseoをすれば順位が上がる時代は終わったということではないでしょうか?

今後も、seoは必要なのですが、なかなかうまくいかないということが続くでしょう。そういう意味ではこれはもうseoでないのかもしれません。対策は行っているが上位表示しないものをseoというのか?ということです。

seoの欠点

seoが不可欠なことは皆さんがわかっていることではありますが、seoには大きな欠点があります。それはseoをやったから上位に表示されるわけではないのです。また、seoの手法はgoogleのアルゴリズムが変われば変えなくてはいかなくなり、googleのアルゴリズムがAIで自動で変更されるようになったことでseoをするのが非常に困難になりました。

不安定な状況でのseoの施策をすべきかどうか?ということになります。またアルゴリズムが変わったらどれほど影響があるのか?を考えればseoを必要以上にやる意味がないとも言えます。

seoで成功すると

seoで成功すると会社名やサービス、商品が大きく広まり、売り上げアップにも貢献することになります。seo導入前とはけた違いの反響というのも珍しくありません。だからこそ多くの企業がチャレンジするのです。一度成功すると忘れられなくなるのです。

ただ、継続的な成功を得るためにはより確実に上位表示をさせる必要があります。そうするにはサイトのコンテンツを継続的に増やし続け、サイトのユーザビリティーを絶え間なく改良し続けるしかありません。

seoで成功すると