キーワードとは

キーワードの分析は慎重に行なう必要があります。

あまり効果がないキーワードでseoを施した場合、大変な作業が無駄になります。

キーワードの分析は、サイトで訴えたいサービスや商品に一番近いキーワードでかつ、検索回数が多く、上位表示が可能なものを探さなければなりません。

これが簡単そうに思えますが意外と難しいのです。

専門家の意見を聞くのが一番良いかもしれません。

少し前までであればホームページ制作を行う事が会社の営業活動の中で有利になる事もあると言われていた事もあった様です。

しかし、現在ではホームページ制作だけでは勝ち残る事は難しい場合もあるみたいです。更にSEOなどを行って積極的にユーザーにアピールしていかないといけません。

SEOはユーザーが検索するキーワードにぴったりの内容が表示されますので、成功した場合には他の広告と比べてみると、高い効果を得られる事が多い様ですね。

自社のホームページを持っているというだけでは満足する事はできなさそうですね。更に、ユーザーに目的を達成してもらうためにはどうすればいいかを考え実行したいですね。

キーワードの選び方

キーワードの選び方としてどのようなものがあるのだろうか?

1.検索回数から大きいもの選ぶ。

2.リスティング広告でのコンバージョンレートの高いものを選ぶ。

3.業者での利用頻度から選ぶ。

などがあげられる。どれも正しいと言えば正しいが、1の検索回数のみから選ぶとseoの難易度だけがあがり、成果がでなかったり、seoでうまく順位が上がらない場合が出てきます。だからある程度の検索回数のあるものの中から2,3の基準で選ぶのがいいと思います。

複数のキーワードを選ぶ場合の選び方

最近のseoの傾向から考えて、複数のキーワードを選ぶ場合それぞれが関連する方がいいと思います。あるキーワードを説明するのに、別のキーワードの一部を使う場合などがそれぞれ互いにプラスに働きます。まずは軸になるキーワードを決定し、それから付随するキーワードの中から複数選ぶ方が成功する確率が上がります。

例えば「賃貸 大阪」というものを中心に考えるのであれば、「賃貸マンション 大阪」「賃貸 大阪駅」「賃貸事務所 大阪」などを考えるといいと思います。そうすれば各コンテンツもそれぞれ関連性があり書きやすくなります。

seoにおいて設定するキーワードの数

上記のような例の場合であればいくらでも問題ありませんが、「不動産 寝屋川」などちょっと異なるものの場合はあまりにキーワードの数を増やすとコンテンツが莫大になり、さらにはコンテンツ作りも大変になります。

そんな場合はキーワードをある程度絞って考える方がサイト作りが容易になります。たとえば、「賃貸 大阪」を軸にするのであれば、もう一つを「不動産 大阪」とし、この2つを中心にコンテンツ作りを行うのです。そこで「飲食店 枚方」など関係のないものは避けましょう。

大阪でseoを依頼するなら

株式会社ヒューマンインテリジェンスジャパン
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
http://seo.human-intelligence.biz